車検はどこに依頼する?代行先で車検は異なります。

車検は高いのが当たり前?

車に必ずつきものの車検はあまり嬉しいものではありません。最近では身近なところに車検を受け付ける工場や、ガソリンスタンド、車検専門の整備業者などが増えてきましたので、手間はあまりかからなくなりましたが、料金がいくらなのかは気になってしまいます。車検にはその手続きや陸運局にかかる費用の他に、交換部品の費用をはじめ、代行費用と検査技術料金がかかります。車検を安くすませるには、検査前に自分の車には何が必要かを判断して、依頼先を選ばなければなりません。

代行先で変わる車検内容

最も一般的なものはディーラーでの車検代行です。ディーラーは車の販売店だけあって、車両の状態にも詳しく、代車や引き取りといったサービスも期待できます。ですが手広く検査を行いサービスが行き届いている反面、価格が高くなってしまいます。定期的に検査を受けている車で、部品が交換時期に達していないのであれば整備工場へ依頼をするのもよいでしょう。整備工場はより安く綿密な検査を受けたいユーザーに向いている車検と言えます。

もっと安い車検を選ぶなら

更に安く車検を済ませたい場合には、車検チェーン店でやカーショップ、ガソリンスタンドといった代行先を選ぶとよいでしょう。これらは必要最低限な整備を行うため、車検費用は格段に安くなります。車検はもちろん自分で陸運局で手続きを行うことでも受けることができます。その場合には、自動車検査証や定期点検整備記録簿を元に、自分で車検に必要な検査項目を点検整備を行わなければなりません。整備項目の中には、専門技術が無いと難しい点検項目もあります。仮に不合格となっても、当日であればそれぞれの検査箇所につき2回までは検査を無料で受けることができます。

近隣のエネオスで車検が出来るというのをご存知でしょうか。普段利用しているスタンドで車検を依頼する事が出来、プランなどによってはその後の給油料金が安くなるチケットがプレゼントされる事もあります。